代理店情報 Genus_3D / MIPHA

genuslogo

Genus_3Dの詳しい内容は・・・
コチラからGenus_3Dを動画でご説明

数ヶ月の作業が1日で!
解析も3Dの時代!

◎一連の組織観察過程を全自動化
金属材料等の内部構造を3D評価

genusセクション

■主な用途
・単相、複相組織解析
・材料の破壊機構解明(ボイド・亀裂)
・欠陥評価(介在物、空洞など)
・材料内部界面の解析(相界面、粒界)

genus外観

genusごにょごにょ
撮影→3D化→数値化

genus3d

Genus 3D 仕様書
対応試料    金属、無期材料等(湿室研磨可能な物に対応)
試料サイズ   樹脂固定 円形 (1インチ、1.5インチ、30mm)
SEM連携対応ホルダ(オプション)
試料測定方法  ツインレーザー測定
測定範囲    ±1mm
試料研磨量測定 分解能 0.01μm
視野      対物レンズ   5~80倍
長手方向視野  1.1~0.07mm
1pixel横幅サイズ 0.4297~0.0293μm
*画素数2560pixel×1920pixel
研磨方法    湿式研磨
研磨バフ径   Φ200mm
研磨バフ回転数 0~100rpm/min
使用液容器   研磨液A、研磨液B、エッチング液(標準 ナイタル液)
高腐食液は手動でも対応
本体寸法    幅1150mm 高さ1630mm(顕微鏡含む)
奥行900mm 重量 約95kg

genus寸法


材料情報統合システム MIPHA

 

 

 

 

 

 

MIPHAは、材料分野での3D可視化ソフトとしては代表的なAvizo/Amira

(Thermo Fisher scientific社製)と、汎用ニューラルネットワークソフト

predict(SETソフトウエア社製)と連動して動きます。

したがって、MIPHAの導入にあたっては、これらの市販ソフトが必要となります。

弊社では、これらの一括手配も行わせていただきます。

また、MIPHAの動作に最適なデスクトップパソコンと必要な全てのソフトのインストールも承っております。

詳しくは・・・コチラ

 

 

サブコンテンツ
<>新 着 情 報
2020年6月26日
Tomocube社 ホログラフィック顕微鏡

2020年6月26日
微量分光光度計 『Nabi』

2020年5月13日
自動細胞計数装置『LUNA™️シリーズ』

2020年5月13日
デジタル倒立蛍光顕微鏡『CELENA-S』

2020年4月8日
緊急事態宣言発令に対する対応について

2020年4月7日
新型コロナウイルスに対する当社対応について

2020年4月6日
新型コロナウィルス感染拡大に伴う社員のマスク着用のお知らせ。

2019年12月19日
デモルームのご案内ページをアップしました。

2019年9月25日
5社合同による共催セミナーを開催しました。

2019年7月31日
スペクトリス・JEOL・パーキンエルマー・BRUKER・新興精機 共催セミナー開催のご案内

2018年10月2日
Agilent・BRUKER・新興精機 共催セミナー開催のご案内

2018年5月1日
本社事務所移転のお知らせ

2016年12月22日
静的・動的自動接触角計 Smart Drop

2016年12月13日
高温・交流ホール効果測定装置 HALS-H Ⅱ

2016年12月6日
年末年始休業日のご案内

2016年12月1日
Thermo Scientific NanoDropキャンペーン開催!!

2016年11月9日
メルク㈱超純水!超特価!Direct-Q UVキャンペーン!!

2016年6月16日
NEPA GENE  UnipicK™ 1細胞・組織ピッキング装置 新発売!!

2016年5月27日
SHIMADZU タブレットスコープ生物顕微鏡 発売開始!!

2015年10月27日
三次元半導体製造装置開発プロジェクトで 日本経済新聞に掲載されました。

このページの先頭へ