代理店情報 Genus_3D

genuslogo

         Genus_3Dの詳しい内容は・・・ 
         コチラからGenus_3Dを動画でご説明

数ヶ月の作業が1日で!
解析も3Dの時代!

◎一連の組織観察過程を全自動化
金属材料等の内部構造を3D評価

genusセクション

■主な用途
・単相、複相組織解析
・材料の破壊機構解明(ボイド・亀裂)
・欠陥評価(介在物、空洞など)
・材料内部界面の解析(相界面、粒界)

genus外観

genusごにょごにょ
撮影→3D化→数値化

genus3d

Genus 3D 仕様書
対応試料    金属、無期材料等(湿室研磨可能な物に対応)
試料サイズ   樹脂固定 円形 (1インチ、1.5インチ、30mm)
        SEM連携対応ホルダ(オプション)
試料測定方法  ツインレーザー測定
測定範囲    ±1mm
試料研磨量測定 分解能 0.01μm
視野      対物レンズ   5~80倍
        長手方向視野  1.1~0.07mm
        1pixel横幅サイズ 0.4297~0.0293μm
        *画素数2560pixel×1920pixel
研磨方法    湿式研磨
研磨バフ径   Φ200mm
研磨バフ回転数 0~100rpm/min
使用液容器   研磨液A、研磨液B、エッチング液(標準 ナイタル液)
        高腐食液は手動でも対応
本体寸法    幅1150mm 高さ1630mm(顕微鏡含む)
        奥行900mm 重量 約95kg

genus寸法

サブコンテンツ
新 着 情 報

このページの先頭へ